トップ / 電話代行サービスの料金プラン

電話代行で業務効率化

電話代行サービスの料金プラン

電話代行サービスの月額

最後に実際の電話代行サービスの料金プランについて見てみましょう。

電話代行サービスの主な料金体系は、コール回数による基本料金プランと回数をオーバーした場合の1回の料金です。基本のサービスは、電話があった場合にパソコンや携帯電話にメール連絡をしてくれることです。お試しの格安プランは2900円からと利用しやすい価格で用意されている業者もあります。

料金の比較として参考になるのは、電話応対時の登録データ料金についてです。
登録データとは、相手先からの電話の際、どのような対応をしてくれるかということの決め手になるのでとても重要です。例えば、登録データの少ない場合には、相手先からどんな要件の電話がかかっても「折り返しご連絡いたします。」という対応しかしてもらえないからです。

事務員であれば知っているはずの住所や社員名などを答えてもらえない場合もあるので、できるだけ広範囲の登録データを追加料金なしで請け負ってくれる業者の方がお得です。ほかにもオプションで用意されている予約受付代行や、カスタマーセンター代行など便利なサービスもありますので、自社に必要なプランを選んでみるとよいでしょう。

また、コール回数に応じての料金が他社と比較してどうなのかなど、いくつか候補に選んでみて、料金の比較などをしてみると希望するプランに合うものを絞ることもできます。その際に、料金だけで選ぶのではなく、オプションに必要なものがあるか、利用した人の口コミはどうなのか、せっかく利用するならコストダウンにつながるサービスがほかにはないのかなど、いろいろな観点から比較検討してみて、納得のいく業者を選ぶことが大切です。

最後にトラブルが起きた場合の対処など、もしもの場合のリスクや業者の対応についても調べておくと安心です。ここまで調査検討すれば、きっと社長も納得してくれることでしょう。